Chap-24. openSUSE を試用

 2016夏以来、幾つかのディストリを試してきました。色々なディストリを試して楽しんだとも言います(笑)。
Ubuntu、Debian、Devuan、MXLinux、antiX、CentOS、Manjaro、ArcoLinux、Mageia、Kali、Parrot ・・・・他にも KDEneon、Xubuntu、Lubuntu、Kubuntu、LinuxMint、Mint(LMDE) などなど。
チェック項目を一定にしてチェックしましたが、結局のところ、ディストリごとに、大きな違いはありませんでした。書くことはいつも似たりよったり(笑)。
なので、chap-24. chap-25.はいつもより簡略版で書きます。漏れの無いようにしつつ、簡略版です。


簡略版と言いつつ、前置きだけちょっと長い
 Redhat 系を遠い祖先とする systemd 採用ディストリです。安定版の leap ってのと、testing version 的な位置づけの tumbleweed ってのとあります。
最初、leap 15.1 を試してみたのですが、驚いたことに nftables が一部うまく機能しなかったです。hashlimit を使って時間制御するところが正常に機能しませんでした。
同じ設定ファイルで、Debian-10.x、Manjaro、ArcoLinux、Ubuntu (18.04 20.04)、CentOS (8.x)、Mageia、Kali、Parrot、Fedora 32 などすべて正常に機能しました。なぜか openSUSE leap 15.1 だけがおかしかった。
SUSE の nftables と Ubuntu-18.04 の nftables は同じバージョンでした。
その後、leap 15.2 に上がり、試してみたら今度は正常に機能しました。また、tumbleweed でも正常に機能しました。

 これは私の想像ですが、leap 15.1 のカーネル 4.12 系列に隠れた不具合が残っていたと思います。
同じバージョンの nftables を使っている Ubuntu 18.04 が正常だったので、nftables のバグでは無いはずです。

 こんなことがあって、opneSUSE の leap に少し不信感を持ちました。サーバ系をカテゴリーに含むOSでパケットフィルタがおかしいって、かなり致命的です。
なので leap はやめて、tumbleweed を試すことにします。
どっちかというとテスティング版の位置づけです。なので、常用には考えにくいですが、面白そうなので試してみます。



試す事柄
これまでチェックした他のディストリと同じように、以下の3つの視点で使いやすいかどうか見てみました。
例によって、a. と b. が重点項目です。

Sec-1.インストール
Sec-2.インストール後、最初に試す事柄
Sec-3.Windows 代替としての利用(ATW)
Sec-4.全般としての印象



Sec-1.インストール

 インストーラは GUI で、それを使って一般的な GUI のシステムにも、CUI のサーバ向けシステムにもインストール出来ます。
クリックする箇所に注意するだけ。そこは Debian CentOS などと同じで好印象です。
UNIX ライクシステムとして管理するやり方は、GUI に入れても CUI に入れても同じです。この点も好印象です。




Sec-2.インストール後、最初に試すこと

 例によって普通の UNIX マシンらしく管理・設定ができるか、以下の項目を試しました。
基本的に、全て大丈夫です。

*NetworkManager を選んでおけば、IPアドレス等の管理は Debian と全く同じです。
*ntp の代わりに chrony を使います。ここは CentOS と同じ。
*GUI インストールした場合も、CUI インストールした場合も、特に管理上の違いはありません。
*各種コンパイルのために入れる必要のあるパッケージについては、Chap-7. に書いておきます。
*postfix をコンパイルするときにちょっとオプションスイッチが必要です。それも Chap-7.に書いておきます。
*tumbleweed はパケットフィルタが正常に機能します。




Sec-3.Windows 代替としての利用(ATW)

 このセクションもあまり書くことがありませんが、特徴を並べてみます。

Google-chrome のインストールは以下のような具合です。

まず
https://www.google.com/chrome/
を訪問する。

*ダウンロードをクリック
*64bit(For Fedora/openSUSE) を選ぶ
*クリックするとダウンロード開始。
*「YaSTで開くか?」と聞いてくるので Yes
*インストール続行、実行
*途中、「壊れている」と出るが、無視して続行。
*それでインストールが完了して、無事に動く。



Sec-4.全般としての印象

 3つの視点で評価します。
   視点a. ・・・十分安定していて、全く問題ありません。
   視点b. ・・・こちらも優秀です。Geek 風に使うのも十分対応できそうです。各種コンパイル作業も簡単です。
   視点c. ・・・割合とたくさんのパッケージがあるようです。イケると思います。

 また、アップデートでおかしくなることは、一ヶ月程お試しで使ってみて一度も発生しません。リポも安定しているようです。
全般的に、試用前に思っていたよりもずっと安定しています。

ただし、冒頭に書きましたようにテスティング版で試したので、もうこれ以上深入りしません。常用できるかなどと考えずに試してみただけ、そんな渡り方です。
厳しいことを書いちゃったけど、SUSE が好きな人に対しては申し訳ない気持ちです(汗)。ホントです(汗)。

補足 2020-11
 AMD 3000 シリーズCPU + B450マザボで+カーネル5.9系列だと、うまく動きません。動作不安定。
うちだけのことかもしれませんが・・・
同じ問題が Gecko でも発生していますので、Gecko のところに詳しく書きます。