Chap-26-2. 各種ディストリ関連

 セキュリティホールが発見された際の対応、バグが見つかった場合の対応について考えてみたい。この観点からディストリを眺めるようになって、少しだけ以前とは見方が変わりました。

誰が、どの段階でセキュリティ等のフィックスをしているか、その点に注目して眺めてみます。

セキュリティ専門家は、よくこんなことを言っています。
「安定していてもセキュリティホールが放置されたものを使うより、多少不安定でもセキュリティ対策がなされたものを使わなければならない」
私はこの考え方に賛成です。
実際に常用OSを選ぶときは、もちろんこれに加えて安定・堅牢なものを選びます。



Sec-1.概念整理
Sec-2.(カテゴリー1)下流側でフィックスするケース
Sec-3.(カテゴリー2)上流側のフィックスを最大限利用するケース
Sec-4.(カテゴリー3)派生ディストリのケース
Sec-5.(カテゴリー4)その他




Sec-1.概念整理

 論点整理とか概念整理ってヤツ。このチャプターの入り口です。
まず使いたい言葉(概念)は上流側とか下流側、あるいは製作側と配布者側って言いましょうか。
ディストリビューションってLinuxの独特の言葉です。BSD系では使いませんでした。かって存在した(て、もう無くなったみたいな言い方だけど・・)UNIXの世界でも使わなかった言葉。日本語だと配布って意味らしい。
なので、ディストリビューションをやってる人達はディストリビューター(分配装置、流通業者とか)でしょうね。
この人達は製作側で作ったソフトを組み合わせて使える状態にして配布します。
カーネルはご存知リーナス氏が率いるグループが作ってる。kernel.org が公開してます。
コマンドやCライブラリの大半はGNUのものが使われています。ここではGNUは製作側です。
その他にも Libreoffice postfix apache 等、それぞれ製作者がいて公開しています。
これらを組み合わせ、一つのシステムにして使える状態にした上で配布されているのがディストリです。

 こんな感じなので、もとのソフトウェアを作っている人達(GNU、Kernel.org、アパッチファウンデーションとか・・)を上流側または製作側と呼ぶことにします。多分、普通の呼び方です。
また、これらをとりまとめてディストリを配っている側を下流側とか配布者側と呼ぶことにします。これも一般的だと思います。
使う人達、つまり私達は「ユーザ」とか「ユーザ側」って呼んでおきます。

 上流側で作られるソフトウェアは適宜、どんどんバージョンアップされたり、セキュリティ上の問題が出たらフィックスされたりしています。そのたびにメジャー番号、マイナー番号、フィックス番号なんかが変わっていきます。
1.1.3 ー> 1.2.0 ー> 1.2.1 ー> 1.2.2 etc etc
ディストリ側も、組み合わせるソフトの変化など諸々の状況のなかで配布物の番号を変えていきます。Debian 10.x とか Debian 11.x とか・・・・


fig-1





Sec-2.(カテゴリー1)下流側でフィックスするケース

 (カテゴリー1)分類の1です。下流側、すなわちディストリ側でセキュリティやバグのフィックスをやる場合。
これは基本的に Debian-stable、Redhat、Fedora、Ubuntu 。
イメージは下の図のような具合。


fig-2

 ネットでの情報ですが、Debian は公式メンテナが1000人ほどいるらしい!驚愕の数字です。他に非公式な協力者を合わせると、おそらく軽く数千人規模になると思われます。それだけのパワーがあるから、Debian-stable は非常に高い品質が確保されています。
また、Redhat はパッケージの数を厳選して最低限度にしています。つまり守備範囲を限定している。そのうえで、相当しっかりとフィックス作業をやっている。なので、こちらもとても高品質です。
Ubuntu や Fedora も力のあるディストリでしっかりできているようです。やはり高品質。
結局のところ、このやり方は力のあるディストリに限定されると思います。上記4つ以外にあるかどうか、私は知らないですが、もしもあるようなら、気がついた時点でこのセクションの記述を変更します。




Sec-3.(カテゴリー2)上流側のフィックスを最大限利用するケース

 上流側では常に改善やバグフィックス、セキュリティ対策をやっています。(程度の差こそあれ・・)
その上流側の成果を極力そのまま利用するやり方。つまり、常に最新のパッケージを入れていくやり方です。
代表選手は Arch と OpenSUSE(tw) でしょう。この2つはこのやり方でうまく行っていると思います。


fig-3

 なお「カテゴリー2は自分たちで更新を作っていない」などと主張しているわけではありません。ものによっては、自らセキュリティパッチを作って流す場合もあるでしょう。




Sec-4.(カテゴリー3)カテゴリー1又は2の派生ディストリ

 カテゴリー1又は2の派生ディストリとしてやっていくやり方。セキュリティやバグフィックスへの対応は、派生元又は上流側がしっかりやっていれば、それを継承・利用するだけで済みます。
極めて要領の良いやりかた。1又は2の良い点を継承することができる。なので、大量のメンテナを抱えていなくても、それなりに良いものが出来そう。
Debian が、派生ディストリの支援を積極的にやるという極めてオープンソースらしい方針です。なので、どうしても Debian の子または孫(Ubuntu 派生)が、世の中に溢れてきます。
全般的に、うまく行っていると思います。
図での説明は必要ありません。図省略。

 MXとかManjaroとかMintとかPopとかEndeavourとか、Distro 上位には派生ディストリが多く入っています。本家の Debian-stable や Ubuntu や Arch より人気です。
ほんと、要領良い!(けなしてません。褒めてます)
なお、ここで Debian と言っているのは原則として Debian-stable のことです。




Sec-5.(カテゴリー4)その他

 その他となっていますが、一番注意すべきカテゴリーです。
それは、カテゴリー1と同じ道を進もうとしていて、進みきれていないディストリ(または進みきれていないと思われるディストリ)のことです。あるいはそれから派生したディストリです。

 つまり、やや古めのパッケージを組み合わせてディストリを作っていても、Debian-stable や Redhat のような十分なメンテ(セキュリティフィックスやバグフィックス)ができないと思われるディストリ及びそれから派生したディストリです。
リリース形式はローリング形式か固定リリースか、問いません。
この場合セキュリティホールが見つかっても、大抵の場合次のバージョンアップまで放置されたままになります。Debian-stable や Redhat、Fedora、Ubuntu が割合とすばやくパッチ入りの更新を流してくるのとは違います。
次のバージョンアップまで放置ってことは、長いと一年とか一年半くらいそのまま放置されます。

 Debian-stable や Redhat のような力が無いのに、古めのパッケージで配布物を作っているディストリ」が多く見受けられます。そういうディストリはセキュリティーやバグフィックスが突然発見されたとき、どう対応していくのでしょうか。
私はこのカテゴリのディストリは使わないことにしました。

 長々と書いてきました。Sec-1.からSec-5.まで。
ようするにこのチャプタで書きたかった結論はこれだけです。
このカテゴリーっぽいディストリの利用は差し控えたいです。