Chap-26. 各種ディストリを試してみた感想

 これまで各チャプターで個別のディストリについて、試したことを書いてきました。
言ってみればこれまではそれぞれの「木」を見ていました。ここで一旦視点を上空に上げて、「森」を眺めてみようと思います。
つまり、俯瞰的に眺めてみたいです。
以下の記述は、基本的に 2020-08-08 時点でのものを前提にしています。



Sec-1.UNIX の特性・特徴
Sec-2.僭越ながらウェブサイト管理人の好み
Sec-3.前のセクションを踏まえて、各ディストリごとに短いコメント
Sec-4.その他のディストリ




Sec-1.UNIX の特性・特徴

 このウェブサイトでは、よく「UNIX」という言葉を使っています。定義は考えません。定義から話なんて、できっこありませんしね。そのため、UNIX 的だと思っている事柄を羅列していきます。そうやって私が UNIX に持っているイメージを説明します。
UNIX って 1969 だか 1970 年だったかに出現したOSでしたっけ・・・。

ここに上げた多くの特徴は、物理的な制約のなかで実現されたらしくて、もともと「簡潔で見通しの良いシステムとか、小さなパーツの組み合わせとか」って理念が先行していたわけじゃ無さそうです。現実的な制約の中で出てきた特徴。

つまり、こんな様なイメージのOSが気に入っています。




Sec-2.僭越ながらウェブサイト管理人の好み

 見る視点です。


サーバルーム・・・・・と言っても実態はボッコイ部屋に数台のPC並べているだけ。そこを自分はサーバルームと名付けています(笑)。
そこでPCをいじるのは
 *趣味、好きでやってるだけ。
 *だから、いじる目的は無い。いじること自体が目的(?)。
 *基本的に、関心は(a)(b)の利用。
 *サーバ立てたり、プログラム楽しんだり・・・等等
 *真面目に管理する。バックアップもとる。
そんな感じです。

一方で、リビングルームには2台のPC。ノートと大型のモニタにつないで音楽や動画鑑賞のためのPC。この2台は
 *音楽・動画鑑賞・情報を入手・メールやり取り、等等。
 *趣味でいじるのではなく、上記目的のために PC を使う。
 *徹底して(c)の利用。
 *あまり、管理っぽいことはやりたくない。
 *電源入れるーー使うーー電源消す、というのを日々繰り返すだけ。PCは、ほぼ放置状態。
まあ、こんな感じです。

二とおりの利用形態に大きな差があるので、上と下でディストリ選ぶ基準が違います。当然です。
上は、いかにも UNIX OS 風なディストリ。安定、サーバ向け、堅牢、プログラミング向け。
下は、使いやすさ、豊富なソフトウェア、管理不要のおまかせ利用、できればコーデック系にも積極的なヤツ。
こんな感じです。


(a),(b)利用のためのディストリの好み
 複数のディストリを眺め(試して)気に入ったのは Debian、CentOS、Manjaro、Ubuntu です。これが(a)(b)利用のマイ・ベスト4です。
どれも良く出来てます。良い感じです。自分は、どれを常用に選んでも後悔しないと思います。個人的に一番気に入ったのは Debian です。


(c)利用のためのディストリの好み
 こっちも複数の気に入ったディストリがあります。
MXLinux、Manjaro、Ubuntu系、Mint、です。これが(c)利用のマイ・ベスト4です。
4つの順位はつけがたくて、適当にその時の気分で使い分けるだけです。
  (注:Ubuntu系って言い方にはKubuntu、Xubuntu、Lubunt、Neonを含めています)
なお、Debian も /etc/apt/sources.list をいじれば、イケます。いじらないと、ちょっとイマイチですが・・・


いろいろ試してみたけれど、結局の所(CentOSを除いて)Distrowatch の上から順に5つです。
たっぷり時間をかけたわりに、結論は平凡、ありきたり・・・(笑)





Sec-3.前のセクションを踏まえて、各ディストリごとに短いコメント

Debian
全方面に優等生。申し分ない安定性、堅牢性。Geek にも受ける。ネット上の高度な情報も豊富。
派生ディストリへの支援等も積極的らしい。社会貢献度が高くて、世の為になるディストリ。敬意を感じます。
プロプラ系やコーデックへの対応が消極的だが、自分で設定すればおおむね解消できます。

CentOS
Redhat のクローン。基本は業務系OS。サーバ系OS。安定性、堅牢性が素晴らしい。ネット上の高度な情報も豊富。ただし、アプリケーションの少なさは驚くべきレベル。リビングでは到底使う気になれない。(a)(b)利用なら、意外と Geek っぽい使い方にも対応できる。
しかし、UNIX の特性を無視したようなツール(selinux)を利用しているところには違和感を覚えます。屋上屋。

Manjaro
思いの外、全方面に優れている。安定性も充分。巷の評判ではちょっとクセがあるとのことだが、GNOME 版のインストール ISO にクセがあるくらい。それ以外にはクセは無さそう。Xfce 版でインストールして、後から GNOME を入れれば、クセは無くなります。
どっちかと言うと Geek 向けのディストリに見えるけれど、Distrowatch の人気 No.2 。なので、世間では(c)系に強いという評価なんだと思う。私は Geek っぽいところが気にいってます。プリンタを動かすのがちょい面倒なので、初級の方には勧めにくい。

Ubuntu
言わずと知れた Linux 界の巨人。有名。全方位に優れている。初心者向けとの評判だが、開発やサーバ系も十分にいけそう。
ごくたまに、アップデートするとおかしくなるようだけど、それでも人気は落ちない。ユーザの対象は絞られていない。全方面が対象。
多分、このディストリが気に入らないという人は少ないと思う。
DE が気に入らないなら、対象を「Ubuntu 系」に拡大すれば KDEplasma、Xfce、LXQT 等もある。普通の GNOME が良ければ Pop!_OS って手もある。一旦 Xubuntu 入れて、後から GNOME 入れても良い。

MXLinux
Dirtrowatch No.1 のディストリ。基本的に(c)系の利用に特化している感じで、使い易い。コーデック系にも積極的。ノートパソコンとの相性も基本的に良好です。

Mint
Ubuntu派生で本家より人気のディストリ。安定しているし使い易い。コーデック系には本家よりも積極的。LMDE ってのもあって、ユーザはどっちか迷うかもしれない。LMDE だとデスクトップの選択肢が増える。ベースOS(Debian)がものすごく安定しているので、LMDE も安定性良好だろう・・・と思ってるが、実際にはちょっと試しただけなので良く知らない。人気は LMDE よりも本家 Mint が上の様子。

antiX
とにかく軽い。インストール直後のデフォルト状態でメモリー使用が200MB以下。驚きます。動きも軽快。Debian 派生なので安定性も良好。しかし、いつまでたってもカーネルが古い4.9.x 系列のまま。

Devuan
Debian without systemd が売りのディストリ。安定しているし良好だけど、systemd free って以外に訴求点が無い。人気は出ない。

Mageia
マイナーだが、良好。使い易い。コーデック系にも積極的。OS自体は安定している。
ただし、1ヶ月か2ヶ月に一度、アップデート不能になってしまう。リポ自体がおかしくなるのか、それとも単に特定のミラーの調子が悪いのか、判別出来ないままに試用を終えちゃいました。
なお、2020-08-01 時点の最新の15項目のチェッカーで試したところ、spectre-meltdown について一項目パスできません。

ArcoLinux
評価としては、Mageia と似たものになります。アップデート不能が発生することが問題。ものは良いと思います。アップデートは猛烈に大量に流れてくる。

Kali、Parrot
2つまとめて記述。セキュリティチェック用に特化したディストリ。デスクトップ利用には向かない。サーバだとか開発系にも、使う気は起きません。ほぼ常時アップデートできないパッケージが残る。いつまでも、その状態が続きます。OS自体の安定性は、決して悪くない。

openSUSE(tw)
 テスティング版ですが、思ったよりずっと安定したシステム。アップデートも安定していて問題を生じない。アップデートは猛烈に大量に流れてくる。
パッケージソフトもそれなりに沢山ある。使いやすそう。プロプラ系は排除していないが、コーデック系には消極的。
これと言って悪い点はないと思います。更新の安定性を三ヶ月くらい継続してチェックしましたが、問題ありませんでした。

Fedora
 テスティング版の位置づけらしいが、思ったよりずっと安定している。Spins から LXDE 版と Xfce 版を入れてみたが良好。
アップデートでも問題は発生しない。パッケージもマアマアある方。プロプラ系は排除していない。コーデック系には消極的。
3ヶ月ほど更新の安定性を継続してチェックしましたが、問題なかったです。サポート期間が短すぎるのが問題・・・か。



Sec-1. Sec-2. に書いたような考え方なので、こんな見方になります。
思ったままに、勝手なことを書きました(汗)。

注:2020-08-01 時点での最新の spectre-meltdown-checker.sh で試したところ Mageia が一項目パスできないです。
それで、Debian、CentOS、Manjaro、Ubuntu、Fedora、opsnSUSE(tw) などでも、あらためて試してみました。試したのは core-i3-4160 です。どのディストリも全項目クリアーします。
どうも、Mageia だけが調子悪いです。






Sec-4.その他のディストリ

 上記以外のディストリで、ちょっとだけ試してみてすぐにやめたディストリとか、試してみようという戦意が喪失したディストリです。
つまり、良いとか悪いとか、好みに合うとか合わないとか、そんな判定以前に試用をやめたディストリです。


Solus
 ディストロでベスト10に入っているので、人気があるはずです。が、私は撤退しました。撤退した理由は以下のとおりです。感覚的なものです。

こんなような理由で、やる気がなくなって撤退しました。


PCLinuxOS
 こっちはベスト10の少し下だけど人気がありそうです。そもそも去年の秋頃には、「次は PCLinuxOS 試してみよう」なんてウェブサイトに書きました(汗)。が、撤退です。

ようするに、全般的に分かりにくいです。

  

elementary、Zorin
 こっちはインストール用のISOをダウンロードする画面で、撤退です。
いきなり「あんた、幾ら出す?」って画面です。いや、あれを見てなお「俺はただで使わせてもらうぞ」って言いにくいです。
Distrowatch を見ると「free」って書いてあるので無料が基本だとは思うんですけど・・・・
なんとなく、そこで気後れして試用は諦めました。ちょっと、近づき難いディストリです(汗)。


ALT Linux
 ロシア製のディストリです。面白そうなので試してみましたが、撤退です。

両方共、大きな問題です。ダメです。で、撤退しました。



以上です。



 2016 年夏からまる4年くらい「お試し」を続けました。自分に合うディストリがどれくらいあるのか把握したかったです。
好みに合致したものが複数見つかり、目的を達しました。満足感は十分あります(笑)。
好みに合致したディストリについては、バージョンアップがあれば適宜追いかけていくことになると思います、・・・多分。
なので、レポートは地道に続くと思います・・・多分(笑)。
好みのディストリ以外は、おそらく、追いかけることは無いと思います。レポートはこのままで終わりになりそうです。
気が変わりました。また、追加で書きます(笑)

 Ubuntuについては、Ubuntu系としてXubuntu、Kubuntu、Lubuntu 等を別のディストリとして私は上げています。でも、試してみると Ubuntu をインストールしておいて Xfce4 を後から入れると、ほぼ Xubuntu と同様になります。多分、Plasma LXQT なんかも同様だと想像されます。
逆に Xubuntu を入れておいて、後から GNOME をいれると Ubuntu よりもオリジナルの GNOME っぽくて良い感じです。
(CentOS や Debian の GNOME と同じイメージ)
ネットで検索すると、以前はカーネルが微妙に違っていたとか、同時にインストールされるアプリケーションに差があるとか、書かれています。
でも、20.04 で Ubuntu と Xubuntu を比較してみると少なくともカーネルは同じ。多少のアプリが違っても、それくらいで別のディストリとして区別する意味があまり無さそうに感じます。
こんなこと書くと、それぞれのディストリの人たちの怒りをかいそうですが・・・・(汗)
すでに Ubuntu を入れて使っていて「ちょっと Xfce も試してみたい」という程度なら、Xubuntu にインストールし直したりせずに、xfce4 ってのを入れるだけで良さそうです。
(ただし、どうにかなっちゃっても責任は持ちませんが・・笑)
# apt install xfce4
・・・とか

注:補足 Ubuntu + xfce4 だと、GUIのパッケージインストーラが動かないみたいです。設定を何かいじらないとダメ。現時点では、どうして良いかわかりません。深追いせずに「ああっ」て笑ってすませます。
逆は大丈夫そう。Xubuntu + GNOME だと GUI パッケージインストーラは、何も設定しなくても正常に機能します。