Chap-28. Endeavour OS の試用

 実態としては、ほとんど Manjaro、ArcoLinux と同じです。最初同じ Chapter に追記しようと思いました。が、少しクセのある部分もあります。なので別チャプタを起こしました。

試す事柄
これまでチェックした他のディストリと同じように、以下の3つの視点で使いやすいかどうか見てみました。
例によって、a. と b. が重点項目です。


Sec-1.インストール及び最初の設定
Sec-2.UNIX マシンっぽく管理できるか
Sec-3.Windows 代替として
Sec-4.Printer 設定
Sec-5.全般の印象


Sec-1.インストール及び最初の設定

インストール
 インストーラは Manjaro ArcoLinux と同じく calamares を使っています。GUI インストーラで使いやすいです。
各種DEを選べるのも、良好です。
DEを選ばずにインストールしたら CUI で立ち上がりましたが、基本的な X11 は入っているようです。DE は無いけど X11 は入ってる。
これは、完璧に CUI インストールじゃないけど、一応サーバ風インストールも出来るって言っても良さそうです。ま、一応。
今回のチェックはまず GNOME を入れて試し、その後 Xfce で試しました。
なお、printer を使うつもりなら、インストールの時に cups 関連だけでなく HP の印刷ツールも選択してインストールするようにします。両方ないとプリンタが動かせません。

最初の設定
*日本語入力
 ディストリによりますが、GNOMEでは ibus 以外にうまく動かないことがあります。このディストリもそうです。
なので、フレームワークとして ibus 使ってるのを探します。みつかったのは ibus-kkc、ibus-anthy、ibus-skk の3つです。
ibus-kkc は前に CentOS で使って良い印象ではなかったです。変換効率がよくない。動作も一部不安定。
skk は使い方を知りません。
なので anthy を使います。こっちは以前から Slackware で使っていて、悪い印象がありません。マアマア良いです。
例によって、設定変更して anthy を ATOK 風に使えるようにします。それは、Chap-27. Sec-6. に書いています。
なお、Xfce では fcitx-mozc が簡単に動きます。

*GUIでのパッケージインストーラ
 デフォルトではありません。存在しません!
しかし、幸いなことに AUR にあります。yay ってコマンドも使えるので AUR から pamac がインストールできます。これはあったほうが便利ですね。

$ yay pamac

とするだけ。選択は1を選ぶだけで良さそうです。それで以下のような、見慣れた pamac が使えるようになります。

pamac

脱線ですが、同じようにして ibus-mozc を yay でインストールしてみました。うまく動きましたが、ずいぶんと時間がかかりました。インストール時間がやたらと長い!
こんな時間かけてまで ibus-mozc にこだわるつもりは無いですから、自分は(Endeav なら)ibus-anthy を使います。

以上のこと以外については、概ね Manjaro、ArcoLinux と変わりません。




Sec-2.UNIX マシンっぽく管理できるか

 チャプタを起こしてしまいました。が、書くことがありません。UNIX 風の管理のこと、spectre-meltdown のこと、各種ソフトのコンパイル・インストールのこと、全て Manjaro、ArcoLinux と変わりません。省略です。興味のある方は Manjaro、ArcoLinux のチャプタを見てください。全然、問題は無いです。
癖のあるところは、Apache のコンパイルに際して apr、apr-util を入れるくらいです。




Sec-3.Windows 代替として

 デスクトップ利用で各種ソフトが使えるかってことですが、ここも基本的に Manjaro、ArcoLinux と変わりません。良好だと思います。ただし記述は省略です。




Sec-4.Printer 設定

 スキャナ利用は Manjaro、ArcoLinux と変わりません。が、プリンタの設定が少しだけ違います。

プリンタを使うに際して、まず

# pacman -S postfix

とする必要があります。このパッケージが入ってないとプリンタが動きません。
なぜか、自分で Postfix をコンパイル・インストールしてもダメです。パッケージがとにかく必要です。
なお、この postfix は運用しなくても良いです。止めたままでかまいません。インストールしてあることが必要なだけです。

次に、プリンタドライバをコンパイル・インストールするところと、上書きで Debian のドライバを入れるところは同じです。Manjaro、ArcoLinux とまったく同じ。

印刷設定するところが違います。
Endeav では DE 付属の印刷設定ツールではなく、HP の印刷設定ツールを使った方がうまく行くと思います。

HPのツールを立ち上げると以下の画面。真ん中の cups web interface をクリックします。

prn-01

以下の画面になります。ここで Printers の Add Printer をクリックします。

prin-02

エプソンのドライバやら、PPDファイルがすでにインストールしてあるので、ちゃんと PX-048A 機種が出てきます。これをクリックして Continue を押します。

prin-03

次の画面になります。ここではやることがなくて単に Continue クリックです。

prin-04

なんだか沢山出てきました。一番上の PX-048A をクリックした後、Add Printer を押します。

prin-05

これで終了、設定が出来ました。

prin-06

試しに、DE の印刷設定で見ると、登録されてます。オケです。

prin-07

確か、設定の途中でユーザIDとパスワードを入力する画面が出ます。普通に Linux のログインのIDとパスワードを入れるだけです。(root でなく、自分、ユーザ)

これで、wifi 経由のプリンタ Epson-PX-048A がプリンタとしてもスキャナとしても使えるようになります。調子良いです。




Sec-5.全般の印象

 例の3項目、(a)サーバとして、(b)開発系やらネットワーク管理系、(c)Windows 代替利用、については Chap-21. Manjaro、ArcoLinux とそっくりなので、省略します。特に違いを感じません。
実際にこれをサーバとして運用したわけではありません。が、設定・管理の仕方が似ています。サーバとして実運用できそうです。

全体としての印象を書きます。
 長所だとか特徴として感じたのは、いわゆる軽量級です。デフォルト状態ではメモリー使用量が 150MB から 200MB くらい、Manjaro、ArcoLinux より少ないと思います。
Manjaro、ArcoLinux でも、起動デーモンを調整すればメモリ使用量を減らせますが、Endeav よりは多めです。
なので、Endeav をノートパソコン等、メモリに制約がある中で使うなら、それなりにメリットがあると思います。
ただし言葉が「軽量級」だからといって、動きが特に軽やかなわけではありません。速度、レスポンスでは Manjaro、AcroLinux と差は無いと思います。

悪い方の特徴としては、私の設定が下手だったのかもしれませんが、GNOME でうまく fcitx-mozc が動かせませんでした。Xfce なら問題なく動きます。
また、プリンタの設定も Manjaro、AcroLinux よりひと手間かかる感じです。パッケージとして postfix を入れないとプリンタが動かないことに気がつくのに、少し時間がかかりました。
GUI のパッケージインストーラも、導入は簡単ですが、デフォルトでは入っていません。自分で導入する必要があります。なぜ最初から入れてないの?・・・世の中には、難しい事情があるんでしょうね。
この3点はマイナスだと思います。

更新が滞りなく順調にいくかどうか、長期的チェックはしていません。

Manjaro、ArcoLinux、EndeavourOS はどれも似ています。もしも3つの中から使うディストリを選ぶとすると自分なら Manjaro です。でも、EndeavourOS も割合とイケると思います。